ノンアルコールのジン・ネマ【NEMA】とは

mocktail

年々、お酒が苦手、弱い方でも楽しめるノンアルコール飲料が増えてきてますよね。

その中には、ビールやワイン、シロップを使ったカクテルなど様々。今回ご紹介するボタニカルウォーターの【NEMA(ネマ)】もその一つ。

この【NEMA】は日本初となる「ジン」のノンアルコールバージョンです。

そこで気になるのが、この【ボタニカルウォーター】そして【ノンアルコールジン】の、

味は?

使い方は?

ボタニカルウォーターとは?

など、試してみたいけどわからない事があると思うので、ここではそんな疑問が出そうなノンアルコールジン【NEMA】について実際買って、飲んでみた感想も含めて、触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

【NEMA】とは?

日本に「フレアバーテンダー」を広め、根付かせた先駆者、全日本フレア・バーテンダーズ協会(ANFA)名誉会長】の 北條智之氏がプロディースをし、作られたノンアルコールジンの【NEMA】。

NEMAはセルビア語で「無い」を意味する言葉で、その名の通りアルコールが入っていないボタニカルウォーターです。

無農薬で栽培された2種類の薔薇(オーバーナイトセンセーション、ゴルムハマディ)とジュニパーベリー、ラベンダー、スパイス、八ヶ岳山麓の源流の湧き水を原料に造られた日本初のノンアルコールジン。アルコール成分を全く含まず、無添加、保存料ゼロで造っています。そのまま飲んだり、ノンアルコール・カクテル作りにご利用ください

出典ーcocktail bar Nemanja 公式ホームページより
スポンサーリンク

【NEMA】の味は?香りは?

実際飲んでみた感想として、一番の特徴はその豊かな香りにあり、バラ、木の香りなどが複雑に、また上品に香り、ジン特有のジュニパーベリーもしっかりと存在しています。

ウォーターではありますが、香り付きの水というイメージは無く、しっかりとしたボタニカルの味わい、スパイスなども感じ、全く新しい存在を感じました。

ボタニカルって?

では、そもそもボタニカルとは?というところなのですが…

ボタニカル(botanical)とは、植物の」、「植物由来の」という意味があり、ジンに限らすいろいろな商品に使われる言葉でもありますが、ジンも同じで香り付けや個性を作る重要なものとなります。

ジンはベースにハーブやスパイス、果皮など数種類のボタニカルを使用することで特徴的な香りや個性がつくられます。またその種類の中でも外せないのが「ジュニパーベリー」。

日本名で「セイヨウネズ」と呼ばれるジュニパーベリーはベリーと名前がついていますが、フルーティーさや甘さはなく、独特の木の香りとスパイシーさがあり、ジンの香りの元といって良いほど重要材料です。

【NEMA】の楽しみ方

北條智之氏 がプロデュースしているだけに、ご自身で【NEMA】使ったカクテルをSNSでもあげており、様々なオリジナルもありました。

実際使用して楽しむなら、ストレートや氷を入れたロックスタイルでも良いと思いますが、ジントニックをはじめ、ジンベースの定番カクテルを【NEMA】でも同じように炭酸系で割っても楽しめます。

その際の注意点とすれば、本来のアルコールがあるジンよりも香りが強いので、その香りを活かしたい方は柑橘系(ライム、レモン等)などの使用は少量がおすすめです。

まとめ

今回は、お酒が苦手な方でも気軽にお酒気分も楽しめるノンアルコールジン【NEMA】ボタニカルウォーターをご紹介しました。

ノンアルコールなので、そのままでも飲めますが、個性を活かしつつ、いろいろな材料で割って、作ってみて自分好みのオリジナルノンアルコールカクテル【モクテル】で楽しんで頂ければと思います。

参考:Non-Alcoholic Gin NEMA 0.00%公式ホームページ

▼こちらの記事も合わせてどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました