ダルゴナコーヒーとは「作り方・アレンジまとめ」

mocktail

ダルゴナコーヒーをご存じですか??

少し遅いかもしれませんが、前から気になっていたので作ってみました♡

見た目もおしゃれで、材料も少なく、お家で簡単に作れることから、SNSなどで話題になっています。

今回はそんなダルゴナコーヒーの作り方、アレンジ方法などをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ダルゴナコーヒーとは

韓国発祥のドリンクで、「ダルゴナ」とは日本で言うカルメ焼きを意味します。

韓国のバラエティ番組で俳優のチョン・イルがロケでマカオを訪れた際、似たドリンクを飲んで、ダルゴナに似た味と発言したことから、番組内でその名前がついたそうです。

その後、TWICEのメンバーがダルゴナコーヒーを作った動画をアップした事から、ますます話題になりました!

スポンサーリンク

ダルゴナコーヒーのレシピ・アレンジ

材料

  • インスタントコーヒー 大さじ2
  • 砂糖         大さじ2
  • お湯または水     大さじ2
  • 牛乳         適量

作り方

  • インスタントコーヒー、砂糖、お湯を1:1:1の割合で容器に入れる。
  • ハンドミキサーでコーヒーをホイップ状になるまで泡立てる。
  • グラスに牛乳を注ぎ、その上にホイップをのせて完成です♡

たったこれだけで美味しいダルゴナコーヒーの出来上がりです!

コツとしては、必ず分量を1:1:1にすること。

お水でも出来ますが、お湯の方が、お砂糖とインスタントコーヒーがよく溶け、舌触りが良いです。

泡だて器でもできますが、かなりの根気と体力が必要なのでハンドミキサーを使ったほうが早いです。(笑)

ペットボトルや、ジップロックに材料を入れ、ひたすら振るというやり方でも上手にできました。

お子様と作ったりするのには、キッチンまわりが汚れず、振って楽しく作れるのでこちらのほうがオススメです。

ホットミルクでもできますが、冷たいほうが泡が長持ちするのでアイスで作る場合、ホイップを乗せる前に牛乳に氷を入れると良いかもしれません。

時間がたつと下の牛乳がコーヒーと混ざってきてしまうので撮影する方はお早目に!

アレンジ方法

抹茶、ココア、ほうじ茶、紅茶、いちごなど、パウダー状の材料があれば色々とアレンジができます。

その場合、材料が水のかわりに植物性の生クリームになります。

動物性の生クリームだと、硬くなりすぎてしまうので注意です。

生クリームの代わりに卵白を泡立てても代用が出来るので、カロリーが気になる方はそちらがオススメです。

ダルゴナココアの上にアーモンドパウダーをかけたり、ダルゴナ抹茶にホワイトチョコレートをトッピングしたり、

牛乳の代わりに豆乳を使ったり…と、色んな楽しみ方が出来そうですね。

まとめ

いかがでしたか??

ふわふわのダルゴナコーヒー、簡単で作ってみたくなりますよね♡

お家での過ごし方の一つとしてご参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました