スモーキーな紅茶とは「正山正種・ラプサンスーチョンを楽しむ」

お茶・紅茶系

ウィスキーファンの中にはアイラ系をはじめ、スモーキーなものを好む方が多くいます。

またキャンプなどで楽しみたい料理として、燻製料理も人気があり、「燻製」や「スモーク」を楽しむ人、料理をはじめ、関連商品なども増えています。

その中には、同じくスモーキーな紅茶があるのをご存知でしょうか?

それが紅茶の元祖とも言われている「ラプサンスーチョン」です。

今回はスモーキー好きならきっとハマる紅茶「ラプサンスーチョン」をご紹介したいと思います。

気軽に楽しめる燻製のひとつとしてご参考になればと思います。

スポンサーリンク

スモーキーな紅茶とは

スモーキーな紅茶、ラプサンスーチョンは福建省武夷山のふもとにある 星村で生産されています。

別名で「正山正種」とも呼ばれています。

野生種を松の薪と葉で燻製してできたラプサンスーチョンは世界で初めての紅茶(フレーバーティー)とも呼ばれ、その後イギリスへと渡ります。

そんなイギリスでは人気のある茶葉の一つとして楽しまれ、その地域が限定された場所での厳選した原料、時間と手間をかけていることも評価され、王室にも献上されていたといわれています。

更に特徴として、松を燻した香りをまとったスモーキーさが魅力的な紅茶です。

スポンサーリンク

味わい・楽しみ方

実際飲んでみてと、他のサイトでもレビューがあったので照らし合わせながらその味わいや楽しみ方をご紹介します。

香り・味わい

なんといっても特徴なのがスモーキーな香り

表現として「正露丸」のイメージと書いてある記事が多かったのですが、確かに言われてみれば、というのが率直な感想です。

正露丸に含まれる「クレオソート」というものがスモーキーな香りと似ていることから、そのイメージがつくそうです。

味わいについてもそのスモーキーさが感じられ「紅茶」というイメージよりは苦味を抑えた燻した「中国茶」のようなイメージもありました。

またスモーキーという意味では、ウィスキーのピートが好きな方には特におすすめできる紅茶です。

楽しみ方

初めて飲む方は少し抵抗があるかもしれませんが、紅茶同様に、ミルクティーにしあげたり、レモンなどの柑橘系と合わせると匂いも少し抑えられ、飲みやすくなります。

ホットはもちろんアイスでも楽しめるので好みに合わせて、アレンジをしてみるのも楽しいと思います。

ちなみにおすすめは、レモンとシュガーシロップもしくは砂糖を気持ち多めにいれたレレモンティースタイルで普段のレモンティーよりも複雑な味わいと香りがクセになります。

ストレートで飲みたい方もいると思いますが、他のスモーキーなものと同様に、香りが独特で、匂いも残りやすいため、その後、人に会う方はちょっと気を付ける、もしくは控えることをおすすめします。

ラプサンスーチョンはどこで買える?

もともと日本への入荷が少なかったといわれていたラプサンスーチョンですが、今はネットをはじめ買える場所も増えています。

ティーパック、茶葉と両方あるので、自分のスタイルに合う方を選んで頂ければと思います。

気になった方のためにリンクを貼っておくのでこちらはご参考までに。

まとめ

今回はスモーキーな紅茶「ラプサンスーチョン」をご紹介しました。

香り、味わい共に個性的であり、好き嫌いがわかれるかもしれませんが、上記で紹介した楽しみ方を参考に、興味がある方は試して頂ければと思います。

またスモーキーなものは好きだけどなかなか楽しめない方にも気軽に楽しめる一つとなるので、おすすめです。

紅茶の歴史と共に、大人の楽しみ方の一つとしてご参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました